マウスピース矯正

マウスピース矯正はさまざまな年代を含めここ数年増加の傾向があります。また固定式の矯正治療から可撤式装置のマウスピース矯正へシフトすることも可能なので、適応性も優れていると言えます。

 

マウスピース矯正(アソアライナー)

アソアライナーは以前は、1ステップ(ソフト・ミディアム・ハード)ごとに印象をとり、終了してから、再度印象をとるという方法でしたが、現在では、コンピューターと、3Dプリンターを利用することにより、易しい症例では、5ステップまでマウスピースを製作することが可能となりました。

当院ではアソアライナーで「難症例」にも対応しています

当院では、アソアライナーを使用して「難症例」にも対応しています。

その他の症例はこちら →

※治療後の写真は、医療広告ガイドライン上、Before / After では掲載できないため、来院時に写真にてお見せしております。

アソアライナーについて

アソアライナーは、透明で薄く審美性に優れたマウスピース型の矯正装置です。アソアライナーはプラスチックの弾性を利用し、必要な矯正力を部位に加えることで歯を移動させます。一定の間隔で印象採得を行い、アライナーを製作し、硬さの違うアライナーで矯正力をコントロールしていきます。

1.歯列弓の拡大

歯を正常な位置に動かすためのスペースを確保するために行います。

側方拡大

Y字拡大

前方拡大

2.段階的な配列

アライメント(捻転の改善)

.空隙閉鎖

スペースクローズ

.保定

アライナーを保定装置(リテーナー)として使用できます。その他、固定式のリテーナーや審美的ワイヤーリテーナー「クリアボウリテーナー」など、必要に応じて選択します。

アソアライナーのメリット・デメリット

メリット

1.透明な装置で、装置を入れているかどうかが他人に分かりにくいメリットがあります。
2.取り外しができる装置なので、食事の時は外せます。
3.来院回数が少なくて済みます。2〜4週間に一回だけの来院で大丈夫です。
4.ワイヤーを使用した矯正に比べ、歯肉炎になりにくいです。
5.ワイヤーを使用した矯正では無理な移動も可能。
6.ワイヤーを使用した矯正に比べ、短期間で治療が終了します。

デメリット

1.マウスピース矯正は、健康保険適用外の、自由診療となるため、費用が高額となります。
2.抜歯を必要とするような症例には向きません。
3.取り外し可能であるため、装置を外してしまい、必要な時間(20時間)装着していないと望む効果が得られません。

アソアライナーの適応症

1.叢生
2.下顎前突(受け口)
3.上顎前突(出っ歯)
4.過蓋咬合
5.上下顎前突

マウスピース矯正(アソアライナー)の非適応症

1.骨格性の矯正治療
2.抜歯症例

アソアライナーの治療方法

1.口腔内の印象を採る。
2.技工所でソフト、ミディアム、ハードの3種類の装置を製作して、7日間〜10日間で順番に装置を変えて行きます。これを1ステップとします。(原則として、食事、歯磨き、入浴時以外は、装置を装着します)
3.一回目の印象採得では、1ステップ分のマウスピース装置を製作します。その後二回目の印象採得で、症例により、3ステップまで作る場合があります。