インビザライン

インビザラインとは

インビザラインは、マウスピース矯正の中では、世界でもトップクラスの治療実績を持っています。1997年に、アメリカのアラインテクノロジー社で開発以来、現在世界100カ国以上の国で提供されており、信頼性の高いマウスピース矯正システムだと言えます。

同じマウスピース矯正アソアライナーとの最大の違いは、1回の型取りで、治療終了時までのアライナーを全て作ってしまう点です。

インビザラインの特徴

目立ちにくい

インビザラインでは、透明なマウスピースを使用するため、装着していても目立ちにくいため、ほとんど気になりません。装置の見た目が気になる方におすすめです。

痛みが少ない

インビザラインで使用するマウスピースは、薄い素材を使用しているため、違和感・痛みともに通常のワイヤーによる装置より少なく、患者様のストレスを軽減します。

シミュレーション

インビザラインでは、3Dシミュレーションソフトを使用して、治療開始前に、歯がどのように動いていくかを治療前に患者様が確認することができます。

取り外しができる

インビザラインによる矯正治療では、食事やブラッシングの時、ご自身で取り外しができるため、虫歯や歯周病になりにくく、食事も今まで通り楽しめます。

金属アレルギーフリー

インビザラインでのマウスピース矯正は、マウスピースがプラスチックに似た素材なので、金属アレルギーの方も安心して矯正治療を受けることができます。

多くの症例をカバー

インビザラインのマウスピース型矯正装置には、さまざまな種類があるため年齢や症例に合わせた幅広い対応が可能です。お気軽にご相談ください。

マウスピース矯正インビザラインのメリット・デメリット

メリット(マウスピース矯正の利点)

  1. 透明な装置で、ブラケット、ワイヤーを使用しないので、装置を入れているかどうかが他人に分かりにくいメリットがあります。
  2. 取り外しのできる装置なので、食事の時は外せます。
  3. 来院回数が少なくて済みます。2〜4週間に一回だけの来院で大丈夫です。
  4. ワイヤーを使用した矯正に比べ、歯肉炎になりにくいです。
  5. ワイヤーを使用した矯正では無理な移動も可能。
  6. ワイヤーを使用した矯正に比べ、短期間で治療が終了します。

デメリット(考えられるリスクや副作用について)

  1. マウスピース矯正は、健康保険適用外の、自由診療となるため、費用が高額となります。
  2. 抜歯を必要とするような症例には向きません。
  3. 取り外し可能であるため、装置を外してしまい、必要な時間(20時間)装着していないと望む効果が得られません。

マウスピース矯正インビザラインの治療費について

インビザラインでは、印象を取った後は、ご自身でマウスピース装置を替えるだけとなりますので、遠方からの来院も可能です。
また、途中でマウスピースが合わなくなって印象を取り直しても追加料金がかかりません。

インビザライン価格

項目
金額(税込)
詳細
備考
上下両顎
55~65万円
※難易度によって治療費が変わります

※1年以内で終了する症例は55万円となります
※抜歯症例にも対応
保定装置
片顎 ¥15,000円
上下 ¥30,000円
※治療後の後戻り防止
観察料
¥0円
※毎月

※マウスピース矯正は無料
※金額はすべて税込表記です。
 

お支払例(65万円の場合)

分割回数
1回目お支払額
2回目以降お支払額
備考
12回分割
56,525円
55,400円
24回分割
29,975円
28,300円
36回分割
20,585円
19,300円
48回分割
15,890円
14,800円
60回分割
13,190円
12,100円
※金額はすべて税込表記です。