矯正の必要な歯列

矯正治療を受けた方が良い歯列とは?

「不正咬合(ふせいこうごう)」は、かみ合わせや、顎の位置が正常な位置からずれている状態をいいます。不正咬合の種類は様々で、その原因もまた様々です。ここでは、不正咬合の例の一部を、ご紹介させて頂きます。

叢生(そうせい)

叢生(そうせい)は、ガタガタに生えた「乱ぐい歯」、犬歯が飛び出した「八重歯」のことをいいます。叢生の原因としては、顎に対して歯が大きかったり、顎が小さすぎて歯が全てキレイに並ばないこと(歯の並ぶ部分のアーチが足りない)、奥歯の位置が前にずれてしまっていることなどによります。日本人にはこの叢生が多い傾向があります。

上顎前突(じょうがくぜんとつ)

上顎前突(じょうがくぜんとつ)は、上の歯が出っ張っている状態のことで、いわゆる「出っ歯」のことです。

上顎前突が進むと顔を横から見た時にもわかるようになります。

反対咬合(はんたいこうごう)

反対咬合(はんたいこうごう)は、一般に「受け口」といわれ、上下のかみ合わせが逆になっている状態です。

反対咬合が進むと顔を横から見た時にもわかるようになります。

開咬(かいこう)

開咬(かいこう)は、奥歯では咬んでいても、前歯では咬めておらず、上手く咬めない状態のことです。

開咬が進むと口が閉じにくくなることもあります。

空隙歯列(くうげきしれつ)

空隙歯列(くうげきしれつ)は、歯と歯の間に隙間ができている状態で、いわゆる「すきっ歯」のことです。

過蓋咬合(かがいこうごう)

過蓋咬合(かがいこうごう)は、上下の前歯の重なり具合が通常よりも深すぎる状態のことです。

不正咬合の影響について

不正咬合を放置すると、歯並びのことだけではなく、顎が前後や横にずれてしまい、顔のバランスが悪くなったり、食べ物が噛めない、食べ物が飲み込めない、発音しにくい、鼻で呼吸がしずらい、姿勢が悪くなるなどの異常が現れることもあります。矯正治療では、顎の発育に問題のある部分を正常に戻したり、機能訓練を行ったり、歯並びや顔のバランスを良くしたり、口呼吸、姿勢などの機能改善も目標とします。